小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

憩いのバラ

バラたちの庭 後編

小さな庭のバラたちは盛りを過ぎつつあります。 ジャック・カルティエ 鉢植えのためか膝くらいまでしかありません。 葉っぱの中に埋もれるように咲くので、目線より下でちょうどいいです。 ワイルド・イヴ ちゃんと開花した姿です。 上の花とよく似ています…

バラたちの庭 前編

穏やかなお天気の一日でした。小さな庭のバラたちを離れて見てみました。 グラハムトーマスは冬の誘引がうまくいっていません。 あっちこっちに飛び出しているし、花の数は多いけど見にくいというのか。 なんといっても豪華に咲き誇るのはフェリシア。 今年…

やっと咲いた!

例年より遅れて、やっと開花を迎えた小さな庭のバラです。 咲きかけは色づいていたサマースノー ホワイトも開けば純白です。このフリルの小ぶりなバラは香りはないのですが、たくさん花をつけるので、それは豪華です。 マリー・パヴィエ 今年は花数もボリュ…

バラの話

今さら、、、何ですが。「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テク」 鈴木満男 NHK出版バラの本はたくさんありますが、私の愛読書はこれ。多くのバラの本は、バラの種類を写真入りで特徴を記して紹介しています。 きれいなバラの花とその特徴が分かれば、…

秋バラを室内で

今年は秋バラをきれいに楽しめないんだそうです。夏の猛暑に続いて、9月も10月も気温が高くて、長雨のために黒点病が多く出て葉を落としてしまったり、新芽の動きが悪かったりしてなかなかきれいな開花にならないそうです。我が家のバラも葉っぱのなくな…

夏のバラと水やり

関西は相変わらず、猛暑日が続いていて35℃が当たり前の生活になっています。それでも、数日前から朝、夕少し気温が下がるようになって、日射しに柔らかさが加わって秋を思い出せるような空気になってきました。そうはいっても日中はじりじりとした日射しで…

いつのまにか夏本番!

記事の更新をサボっている間に、梅雨が明けて夏本番を迎えています。この時期は昼間の猛暑とは比べものにならないほど、朝晩は涼しい風が吹きます。 熱帯夜知らずなのがとてもうれしいです。小ぶりになりましたが、バラは二番花と三番花が開花しています。 …

かぐわしく、艶やかに

GWも終わって、明日からは通常スケジュールです。朝晩ひんやりするせいかバラの開花が思うようには進みませんでした。 その分長く楽しめそうで、わくわくしています。 今年初お目見えのルイーズ・オディエ 花びらの重なりが多くて、中輪の花をたくさんつけ…

わくわく、どきどきしてます。

日常生活の中で、わくわくすることってあまりないですが。今、小さな庭の中では「小さなわくわく」がいっぱいです。 ヒメウツギ 咲きかけてきました。 フジ 今年はたくさんの房をつけて、開花まで秒読みになりました。 すっごく楽しみな一鉢。 ブルーベリー…

寒暖の差が激しい。。。

朝は10℃近くまで冷え込むのに、天気がよければ昼間は24度前後。夕方、うっかり窓を開けたままにしていると風邪を引き込みそうになります。 まずはカマキリ君たち。 立派な大人になりました。 産卵ももうすぐでしょうか。 四季咲き性が優れているフェリシ…

秋が満ちて。

都会と違って、毎日広い広い空を眺めていると。。。 秋は空からもやってきます。ひつじ雲だかすじ雲だかわかりませんが、「天高く秋の空・・・。」という感じです。穏やかな風と澄んだ乾いた空気とこれぞ秋!というお天気です。 気温の上がるこの季節は、植物た…

夏の背中を見ながら。

相変わらずのマイペースな更新で失礼いたします。ひとえに小さな庭に花がなかったのです。 暑さのあとは雨続きで、虫たちも影を潜めていて。。。ようやく涼しくなってきて、これからちょっとは変化をお届けできるかなと思っています。 ボレロ。 午後は日の当…

真夏のバラたち

連日の35℃を超える暑さ。 日中は必要以上には外へ出る気になれません。 ひっそりと木陰で咲くマリー・パヴィエ。 ポリアンサローズといって、膝下くらいにしかならないバラですが、断続的に花をつけて一輪でも振り向かせるような香りを放っています。 何度…

梅雨の合間の花たち

全然ブログを開けない日が続いていました。 コメントをくださった方、更新を楽しみにしていてくださる方、 ごめんなさい。 どうも波があって・・・。撮りためた写真。。。どこから行こうかと思いましたが、やっぱりお花たちから!二番花が咲いています。 1ヶ月…

バラの余韻に浸って

紹介しきれなかったバラたちをのせました。 サンテグジュペリ うちのバラの中では一番大きな花が咲きます。 15cmくらいはあるでしょうか。 きれいな明るいピンクですが、香りはありません。 花びらもそれほど多くありませんが、目のさめるような色で他の…

バラづくしで

バラシーズン最盛期でしょうか。 香りがお届けできないのが残念です。 朝、窓を開けるとたっぷりのローズ香が入ってきます。 足元で咲くマリー・パヴィエ 淡いピンクですが、すぐに退色して白っぽくなります。 香りはすばらしいのですが、花期は短めです。 …

バラの季節が始まりました

ぽつりぽつりとバラが開花を迎えました。 つるサマースノー。今年はうどんこ病が出ています。 ヒラタアブがさなぎになっているので、薬はつかえませんね。 HTパスカリ ふんわりとした優しさと言うよりはきりりとした表情のバラ。 白い花の写真は光の加減が難…

ホワイト ニューイヤー

新年そうそう雪です。。。 アンブリッジの色も濃くなって、美しい姿が長持ちしています。 今年もよろしくお願いします。

まだ咲いています

クリスマスローズになりそうな感じです。 寒いので、1週間たってゆっくりと開いていく感じです。 香りは少なめですが、たっぷりと魅せてくれるので、この時期とってもうれしいです。 最後のフェリシア アプリコット色が抜けて、ソフトピンクから芯にかけて…

秋バラを少し。

秋も深まって、小さな庭も枯れ草色になっています。 秋のバラから。 ジャックカルティエ。 セントセシリア。 次第に色あせて、白っぽくなります。 こちらはフェリシア 秋の花は多くありませんが、それでもきれいに開いています。 今年は10月に入ってから、…

バラの庭 ③

バラの紹介 第三弾です。今年はたくさんのテントウムシに恵まれました。 春先に放した3匹のテントウムシがきっとどこかで卵を産んだのでしょう。 それが孵って、幼虫からさなぎになって、あちらこちらにいます。今、小さな庭には10匹ぐらいのテントウムシ…

バラの庭 ②

引き続きバラの紹介。 現代バラのパスカリ。 香りはありません。 グラハムトーマス。 オールドローズのアルバ・セミプレナ たくさんの蕾がついていて、次々に咲いています。 アンブリッジ・ローズ この優秀なバラは、ずっと雨の当たらない日当たりのよい特等…

バラの庭  ①

前回の続きで。ホシミスジチョウと判明しました。 一番上の白い線がホシミスジは、複数に点々となっています。ミスジチョウは一本線、コミスジは点一つと直線 というように細かい模様が違っているようです。 さて、いよいよ今年のバラ紹介です。 コンテ・ド…

秋のバラ

またまた、あいてしまいました。。。 11月に入ったと思ったら、いつの間にやら半分過ぎてしまいます。 写真だけは撮りためているのですが。 ちょっと古い話題から。 セントセシリア 淡いピンクの色がのってきて、ふんわりとおいしそうな感じです。 パスカ…

バラの植え替えとミミズ

なかなか涼しくならない10月が過ぎて、今日から11月です。 例年なら、いい具合に気温も下がって、植物たちの活動量が減ってきた頃を見計らって秋のガーデニング作業が本格的になるのですが。 今年は、いつ始めたらよいものか迷っているうちに、冷え込み…

秋に元気なのは。。。

10月に入っても昼間は、汗ばむ陽気が続いています。 バラたちは元気につぼみをつけていますが、元気なのは他にも。 黒点病の菌もとっても元気にバラたちに害を広げています。虫たちも快適なのか、チュウレンジとの戦いが収まる気配がありません。 シャクガ…

虫たちも活発です。

関西では、じりじりとした日射しが元気です。。。。 日中の暑さで、秋モードに入っている植物たちは、うっかりすると葉やけを起こしそう。 夕方早めに水やりをします。 夜はぐっと冷え込むので、その前に潤いをあげます。 新芽を端から食べられていたグラハ…

秋のバラシーズン到来

朝晩は、窓を開けられないくらいに冷え込みます。 うって変わって、日中は熱い日射しにため息が出ます。 気温が下がって、活動を開始したバラたち。 早くも開花です。 アプリコットネクター 暑さのせいか、花色が今ひとつ薄いように思います。 香りももう一…

台風一過

大型台風が通り過ぎていきました。今もまだ、風が吹き荒れていますが、昨夜は眠れぬほどの大嵐でした。 一夜明けて。。。 先日のつづきのバラ フェリシア。。。。すっかり葉を落としてしまいました。根っこと葉っぱは対になっている感じで、なくなった根っこ…

ネキリムシ?バラの異変

青々とした葉をつけたまま、夏を越したと喜んでいたのに。。。。 我が家では2番目に大きくなっている つるバラ フェリシア 他のバラが続々と新芽を展開しているのに、動きがありません。 よく見ると伸び出した新芽がしおれています。 ちらほらと黄変した葉…