小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

憩いのバラ

猛暑を乗り越えて。

一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。。。猛暑で庭がすっかり色あせてしまって、、、というのはいいわけですが。 暑さ寒さも彼岸までといいますが、すでに朝は20℃を切ることもあって、半袖では寒いくらいです。 あの猛暑からの一転した秋の空気。 体が楽…

酷暑の下のバラ。

再びの酷暑です。 お盆が過ぎるまで続く予報のこの暑さ。。。 小さな庭も忍耐の季節です。 そんな中で新枝をのばし、つぼみをつけるバラたち。 切り花系のバラ。 フェリシア スッとするような甘い香りもさすがに薄くなっています。 色も白っぽくなっています…

夏のバラ

ぽつりぽつりとバラが咲いています。 高温なので、あっというまに咲ききってしまいますが。コンテ・ド・シャンボール庭を見て回っていたら、ふっとバラの香りが。 えっ、どこで咲いているの? と見回したら、ひっそり一輪咲いていました。 コガネムシに荒ら…

遅咲きのバラたち

いつの間にやら、梅雨に突入です。 といっても、雨らしい雨は降らずにいます。 大気だけが重たく湿気ていますが。 バラの季節は過ぎてしまいましたが、残っていた写真より。 グラハムトーマス。 気温のせいか花持ちはよくありませんでしたが、 初夏のグリー…

ピンクのバラ

白いバラたちに続いて、アプリコット色のバラを紹介しました。 さらに移り変わって、ピンクのバラたちの紹介です。 コンテ・ド・シャンボール 花びらが詰まっている感じで、小ぶりの花をたくさんつけました。花持ちはあまりよくありません。 雨に濡れると、…

その他の白バラたち

どんどんバラの季節が進んでいきます。まだ紹介し切れてないものの中から。HT パスカリ 一月にスーパー強剪定をした株。 こんなに勢いよく芽を吹いて、成長しました。 ぐんぐん伸びてきたシュートの先は、カットしました。さらに脇芽が出て、一輪だけ咲か…

アプリコット バラ

朝晩は、ひんやりと気持ちよく 日中はがんがんと太陽が照りつけています。 朝晩ひんやりするだけまだまだ気持ちのいい季節といえるのでしょうね。 今日はアプリコット色のバラを紹介。 とても端正な顔立ちのアンブリッジ・ローズから。 ころんとしたつぼみか…

バラの開花 白バラ二つ

せっかくバラの季節が到来!と思ったのに。 昨夜からの雨で、花が重たげに首を垂れています。 きれいに咲いた写真を撮りたかったのですが。 オールドローズ アルバ・セミプレナ すっきりとした香りがあります。 花もちが悪くて、すぐに花びらを散らしてしま…

バラ一号!

朝はまだひんやりしていますが、やっと気温が上がってきました。 冷え込んでいたせいで、虫の数も少なめです。 天敵が少ないうちに、アブラムシがあちこちで増えてしまいました。。。 やっと現れたテントウムシ アブラムシがびっちりついたつぼみのそばに。 …

スーパー強剪定の結果

ため息が出るほどの寒の戻りです。。。。 今朝は1℃、、、 季節は行ったり来たりというけれど、なかなか気を緩めることができません。 寒さのせいでしょう。 虫の動きが悪いです。 テントウムシも今年はまだ数匹確認しただけ。 カマキリの卵もまだ孵る様子は…

バラのつぼみ

覆い尽くすように緑が広がっていきます。 バラの季節の準備が着々と進んでいます。 色、つや、表情は様々ですが、新枝の先につぼみが顔をのぞかせ始めています。 2週間ほど前にバラゾウムシがずいぶん新芽を荒らしたので、気になっていました。 枯れた新芽…

バラの芽吹き

暖かさに誘われて、バラの新芽がどんどん伸びてきています。 寒の戻りで、つぼみがつかなくなってしまうのではと心配です。 地上10cm位でスーパー強剪定をした、バラ ニコール。 新芽がちらほら見え始めました。 こちらはパスカリ。 目を凝らさなければ…

バラ 冬剪定 ③

イングリッシュローズの冬剪定をしました。 つるバラほど伸びはしませんが、それでも小さな庭では十分すぎるほど大きく育ってしまうイングリッシュローズ。 「切り詰めても花が咲く」と言われるものを集めていますが、今回は アンブリッジ・ローズの剪定です…

バラの冬剪定 ②

少し間が空いてしまいました。 一度暖かくなったあとの寒の戻りは、いっそう冷たく感じます。 それでも少しずつ季節は動いています。 先週のバラ剪定のつづきです。 夏以降に伸び出したシュートです。 枝が柔らかく、はさみを入れるとふかっとした手応えがあ…

つるバラ誘引

先週とうって変わって、気温が上がりました。 このチャンスを逃さずに、ガーデニング再開です。 12月は意外と庭仕事の多い季節です。 空模様と気温と相談しながら、貴重な日差しでどんどん片付けます。 フェリシアの誘引後 オベリスクから高くはみ出してし…

がんばっているバラたち

零度近くまで、気温が下がるようになりました。 木々は、急に色づいて、葉を散らすようになりました。 穏やかな日差しのある日はいいのですが、お日様のでない日は、こちらの気分も滅入ります。 北欧は、今頃太陽のでない季節です。 どれほど、お日様が待ち…

バラの植え替え

バラの植え替えシーズンです。 我が家は鉢バラが多いので、植え替えをしなくてはなりません。 「植え替え」ってバラの栽培にとっては、一年の締めくくりのような、新しい一年へのスタートのような、状態の悪い株のリセットだったり、といろんな意味を込めて…

深まる秋のバラたち

11月に入って、一段と冷え込むようになりました。 暖房を入れるかどうか、毎朝葛藤をしながら、一枚余計にはおって、なんとかしのいでいます。 昼間はお日様がでると、ぽかぽかとした陽気になるのが、ちょっとほっとします。 春だったら、一日で咲いてしま…

生姜の佃煮

先週の話になりますが。。 恒例の生姜の佃煮を作りました。 自分で言うのも何ですが、作り方は適当なんです。 レシピはありますが、「適当に」煮たり、辛みを取ったりしています。 今年も、ちょっとみりんの残りが中途半端だったので、 「入れちゃえっ!」っ…

秋バラ パート2

ガーデニングの作業やら台風対策やらとあれやこれやをするうちに どんどん日がたっていきます。 「涼しい」から「肌寒い」までがあっという間でした。 秋バラの開花が進んでいます。 (Cl)グラハム・トーマス 暖かみのある蜂蜜のような黄色が好きなバラです…

秋バラ

もうすぐ9月も終わりだというのに、、、、暑いです。 集中豪雨がなくなったので、虫たちが復活してきました。 数が少ないので、見回りは楽ですが。 (O)コンテ・ド・シャンボール 上の状態が21日、今日で7日かかって、やっと開花です。。。 次々とつぼみ…

あっという間に

今日は一日雨でした。 昨日の夜から、ざーっと降り出して、昼過ぎまでぱらついていました。 つい一週間前まで、暑くて仕方がなかったのに、今日は長袖の方がいいくらいの寒さです。 実は、この冬は庭の模様替えをしようと計画中です。 好きな植物ばかりを集…

少しずつ開花。

昨日と同じ順序で、紹介してみますね。(FR)エーデルワイス 朝と夕方の姿です。 涼しかったので、花びら一枚先進んだところといった感じでしょうか(ER)エヴリン 色がのってきました。 (ER)アンブリッジ・ローズ こちらも顎が開いて、色づいてきています。 …

初夏のバラ

春のように一斉開花するわけではありませんが、雨の合間をぬって、バラがぽつぽつと咲いています。フェリシア 春の花に比べると、ピンクが薄くなって、香りも強くありません。 伸び出した新芽の先に房咲きに花をつけるので、初夏の花でも見応え十分です。コ…

その他のバラたち

バラの季節がゆっくりと移っていきます。 今年花数の少なかったイングリッシュローズのエヴリン たっぷりとした花びらの数と香水のような香りが魅力的です。 春先の立ち上がりが悪くて、新芽の伸びも今ひとつでした。 今はずいぶん、葉を伸ばしているので、…

ホワイト・ローズ

雨が降ったり止んだりするので、バラの花びらが傷みます。 外側だけ傷んでも、香りはすばらしいので、外側の花びらをそっとはずして、室内に飾りました。 今日は、ホワイトローズの紹介。 とても古くからあるオールドローズ、アルバ・セミプレナ。 今ある多…

やってきました!バラの季節

寒の戻りがあったおかげで、バラの花がゆっくりと開花しています。 暑くなると、朝はつぼみでも、夕方には開ききってなんとも味気ないのです。 安定した開花と、雨で花びらが傷むこともなく、甘い匂いを放ってくれる イングリッシュローズのアンブリッジ・ロ…

年越しの庭で

クリスマス寒波が過ぎて、少しだけ暖かく感じられる日です。 「12月に種まきなんて・・・!!」と思われそうな時期に、ほうれん草とカブの種まきをしました。 本当は一月ほど前にしなくてはいけなかったのですが。。。 だめかな。。。と毎日凍った朝を見な…

剪定から3週間

一年で一番夜が長いとき。 クリスマスも大事だけれど、ゆず湯にも入りたい。。。。 今年も指折り数える時期になりましたが、この時期は一年でもっとも頭を使うとき。 大掃除や買い物、来客の予定、クリスマスからお正月に向けて、イベント目白押し。 準備も…

冬の消毒

またまた、バラの話題です。 仕方がないんです。 バラの作業が目白押し!師走になれば、大掃除も待ってるし。。。 やれることからどんどんと!! 雨上がりの一日です。 といっても、まだ雨は降ってくる予定のようで、雨の合間の作業でした。 冬に唯一の消毒…