読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

パジャマ

手作りちくちく

昨日は一日冷たい雨でした。
今日はうって変わって、よいお天気!
日差しのあるところはちょっと暑いくらいの陽気になりました。

今日は今週の頑張り「パジャマ」です。
実は襟付きシャツを縫うのは初めてで、抵抗感があったのですが、やってみるとそう難しくありませんでした。
いずれワンピースに挑戦したいのですが、まずはちょっとヘンでも気にならないパジャマから。

布が2mを超えると扱いが大変です。
型紙をちゃんととれるか あっちへ置いたり、たたみ方を変えてみたり。
なんとか裁断できました。



袖山にも前側と後ろ側があります。
左右を逆につけないように、山をきれいに出すために細かくまち針を打ちます。


ミシンも順調です。
冬用で起毛素材なので、ミシンの針目が目立たないところもうれしい!
初めても襟付けも無事に進みました。


じゃーん!
面倒に感じていたボタンホールも手早くできたし、それ以上に苦手意識の強いボタン付けもスムーズでした。
あー、この年になっても進化しているなぁと実感!!

思い起こせば、家庭科の授業でパジャマを制作したことがありました。
生地の種類も知らなかった頃の話。
出来上がってもサイズは合わないし、生地は薄いしで一度も腕を通さずじまいでした。
ボタンホールもボタンが通らなかったり、穴を大きく開けすぎて止まらなかったり。
ボタン付けに至っては、高校生の頃 制服の取れたボタンを自分でつけたら、10日ほどでまたとれてしまって・・・。結局友達につけてもらったりしました。

うーん、かなり家庭科音痴だった気が・・・。

そんな私が今こうしているのはひとえに
「好きこそものの上手なれ」なんでしょう。
このパジャマ、長持ちしてくれるといいです。