読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

稲刈り

朝から霧のような雨が降ったり止んだり。。。
長袖にもう一枚羽織りたくなるような、寒い一日でした。



もう少しゆっくりと季節が巡ってくれるといいのに。



花が咲いてから約45日。
たわわに実った稲を収穫したのは昨日のことです。


しっかり実が入っている様子。


収穫したイネを束ねて、雨のかからない軒下に下げておきます。
一週間くらい干してから、脱穀、精米の予定です。。


イネを育てたのは生まれて初めて。
周りに田んぼはあるので、四季の移り変わりは知っていたつもりでしたが、
小さいながらも小さな庭にバケツ田んぼがあるのは、おもしろかったです。
なにより。
たくさん虫が来るんです。

コバネイナゴの終齢幼虫かなと思います。
稲を植えてから見かけるようになった種類で、イネをかじる害虫です。

やはりイネの害虫、ホソハリカメムシ
他にもショウリョウバッタなどがイネに取り付いていました。



そこで助っ人、つよーい味方がカマキリ!!

「いね」と名付けたこの小ぶりなカマキリは、実に1ヶ月以上、イネに陣取って害虫を食べ続けてくれました。
この「いね」は今年、我が家で生まれたカマキリのうちの一匹だというのも確認済み。
この写真は8月の終齢幼虫ですが、現在は立派なお腹の成虫に育っています。
きっと来年への命をつないでくれると思います。


この夏の観察で、終齢幼虫をすぎると餌がある環境では、カマキリの行動範囲は1mから1.2m程度でした。
繁殖や台風による大雨の時などに、長めの移動をすることがありますが、基本はそんな感じで、ほとんど場所を動かないので観察しやすかったです。