読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

12月の庭から

毎朝、窓から見える景色にはきらきら光る霜が降りるようになりました。
空気はぴーんと冷えていて、思い切り深呼吸したくなるような澄んだ香りがします。


まだまだ始まったばかり(?)の冬ですが、庭の片隅でちょっといいものを見つけました。


夏にリンゴのようなすがすがしい香りを楽しませてくれたカモミール
いつの間にかこぼれ種で、増えていました。

たくさんのアネモネの新芽に囲まれて、寒さにびくともせずに育っていました。
春になったら、植え替えてあげよう!



こちらは宿根性のロベリア。
濃紺が美しい花でした。
一年性のロベリアは夏の蒸し暑さに弱く、いつのまにか枯れあがって、花期が短かったのが難点でした。
たった一株で、鉢からこぼれそうに咲いてくれるのでとっても優秀。
そのうえ宿根性で花期も長いので、大事にしています。
寒いのに葉っぱもつやつやで、寒さには強そうです。


桜の花芽。

鉢植えの盆栽ですが、しっかり花芽を宿した新芽をつけています。



こちらはフジの花芽。
大きく膨らんだ花芽は、来春の見事なフジを予感させてくれます。



日中、気温が上がってくると庭の中を見て回ります。
首をすくめて、寒さに耐えている植物たちも実はしっかり春に向けて準備をしているようです。


厳しい寒さに身をすくめながらも、自然のたくましさに力をもらう12月です。