読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

冬の散歩道

冷たい空気の中を歩いています。
鼻の先が冷たくなるけれど、落ち葉の匂いのする散歩道は いろいろな発見があります。

柿の残る枝先が、冬を感じませんか。



ムササビの食べ痕?



夏の名残りのセミの抜け殻


リスの食べ痕は、トウモロコシを食べたようにきれいに軸だけを残します。
こんなふうにぼさぼさとした食べ方はムササビかも?!



まあるい黄身に似たつぼみ。
早春の花 ロウバイ
スイセンに似たすっきりとした甘い匂いを放っていました。


ちょっと咲く時期を間違えた?
ぽつりぽつりと枯れ枝に、まるでポップコーンのように咲いていました。
ユキヤナギ
本当は5月くらいに枝が真っ白になるほど密に咲きます。




木枯らしに吹かれた赤い実。
鳥の食べ残しかな。
鳥が食べ残すくらい、おいしくないのかな。



サザンカかなツバキかな。
分厚くて固い殻がパカッと割れて、中から出てくるのもやっぱり堅い実。
こんなにがっちり守られているせいでしょうか、虫食いはあまり見ません。
発芽率もいいので、蒔きすぎに注意しなくちゃ。


冬の散歩は、大風の日は辛いですが、あとはなんのそのです。
葉っぱのない木々たちはそれはそれは美しい(と思っています(*^_^*))ので、上を見たり、足元を見たり。
お天気が長続きしないのが残念です。