読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

苔張り


昨夜はけっこう冷え込みました。。。
ここのところ窓から見える池には、毎朝氷が張っています。


先日、ちょっと暖かい(風のない)日中に、苔張りをしてしまいました。

この季節にするのがいいのかどうか。。。
いや、きっと春の方がいいとは思ったのですが。


霜で浮き上がるのさえ気をつければ大丈夫!ということで。

秋から春予定のところに仮置きして、様子を見ていました。
順調に生育していたので、そのままの土でそのまま植え込んでみました。


風の吹き込みにくい庭の一角。
日もほとんどあたらないところ。
常緑樹の足元にプチ苔コーナーです。


比較的簡単に増えていくハイゴケ(一番奥)は砂多めの土に繊維状のバークを混ぜて上から押しつけてあります。


左のタマゴケと奥のヒノキゴケは湿潤を好むので、実はトレーを埋め込んでその上に先ほどの土で植え込んであります。トレーを埋め込むことで、水が浸透しすぎず湿度が保たれるかなと思います。
また、下から生えてくる雑草対策にもいいかなと思っています。


右のこんもりしたのはヒツジゴケ。
どれもあまり難しくないとされている苔ばかり。
しばらくうちで養生していたので、ちょっとは慣れてくれているといいのですが。
気温が上がって、苔が密生してくると
春には、苔の花 朔(さく)が見られるかもしれません。

この湿潤の苔の上には、フウランが吊してあります。
苔が空中湿度を保ち、フウランが風よけになっているので調子がいいみたいです。


ついでにれんがで作ってあった土止めが、所々崩れていたので、石垣風に石で積み直しました。
ミニサイズもミニサイズ、石垣の高さは12cmくらい。


ミニな世界ばかり充実していきます。


風の強い日はこちら。


焼きっぱなしの簡単おやつ。
なにより暖かいオーブンと甘い香りは、冬の台所の彩りです。