読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

味噌の仕込み

手作りおいしいもの


寒さは底を打ったのでしょうか。
2月になったからでしょうか。
ほんの少し、ほんの少し日差しが優しくなった気がします。


寒いこの時期のお仕事の一つ、味噌の仕込み。



昨年は米こうじを使った味噌だけを仕込みましたが、今年は麦こうじと米こうじと4kgずつ仕込みました。
豆を煮るのが手間ですが、寒〜い日には暖かい台所も気持ちのいいもの。


まずは、昨年漬けた味噌をタッパーにすべて移して、瓶を洗います。
消毒用にホワイトリカーで消毒。
これで、準備ができました。


この日は、半日かけて、豆を煮ました。


根気よく、軟らかく煮た大豆をマッシャーでつぶします。
これも単調な作業ですが、仕上がりに影響するので、丹念につぶします。
しっかり軟らかく煮ておくとこの作業がとても楽になります。



これは米こうじ。
1kgのこうじに対して、塩420g
仕上げようの塩をのけて、残りをよくすり混ぜます。

さらにつぶした豆とよく混ぜ合わせていきます。
暖かいうちにしてしまうのがコツ。


消毒をした瓶に、ハンバーグ状の味噌種をたたきつけるようにして入れていきます。
最後に表面をならして、残しておいた塩をまんべんなくまぶします。


このあと、重しをのせて、ラップをしてさらに全体をビニール袋の中に入れて、雑菌が入らないようにします。


このあとは梅雨の頃と涼しくなりかけた頃に切り返しをして、カビが出ていたら、そこだけのけて、寝かします。



仕込みは一日がかりですが、自家製味噌は作り始めると毎年作り続けてしまいます。