読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

春の気配


お天気のいい日には、日差しの中に春の気配を感じるようになりました。
気温はまだまだ低いのですが。。。。



日差しが春めくのは、気温だけでなく日照時間の長さもあるのかな。
あのつるべ落としのような秋の夕日から、だんだん暗くなる時刻が遅くなってきているのを感じます。
そうして、それと一緒に空気に温かさが戻ってきているように思います。




先週は庭中が凍り付いた日が何日もありました。
それでも。。


福寿草の芽が顔を出しています。


春一番の花 スノードロップ


芽の先に白いつぼみが見えています。
薄い膜に守られて、もう時期に頭をもたげるのでしょう。


二番手のヒヤシンスも地上に顔を出しています。

咲きそろう頃には、辺り一面いい香りが漂うでしょう。



チューリップは起き出すのがゆっくりです。
でも、頭が見え始めてから開花までは、ぐんぐん成長していきます。


顔を出したヒヤシンスもここからの成長は、比較的ゆっくりしています。
結局、チューリップとヒヤシンスはほとんど同時に開花するんですけどね。



2月も中旬を過ぎると、気を抜けなくなります。
季節のすすみ具合に、敏感になりながら、新芽が動き出すのを見極めます。
控えめな早春の花たちを見過ごさないように。
ある日突然、グリーンが芽吹く木々たちの植え替え時期を逃さないように。
小さな発芽を見守れるように。


楽しい季節が始まります。