読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

発芽!

再び冷え込んで、、、、雪が舞っています。
三寒四温の日々。
体調管理、重ね着の加減。
悩ましい日々ですね。



春ですよ!と言わんばかりの写真です。
こちらはヤマモミジの発芽


モミジの種らしい羽をつけたままの発芽です。
双葉では、マリーゴールドか何かのようで、とても木とは思えません。
この鉢一杯に種をまいていますが、今のところ発芽率は低いです。
早くに芽を出しても、寒さに当たったりして、枯れてしまうこともあります。
植物自身が一斉に発芽しないような仕組みを持っているのだとか。



こちらはケヤキ。


よく見ると、三角錐のような種の殻がついています。
こちらの双葉も、カブやキャベツの双葉に似ています。
こちらの方がちょっと肉厚かな。
細い茎だけど、カブに比べるとしっかりしている気がします。


よく見ると間に小さな本葉がのぞいています。
けやきの葉っぽく、ギザギザも感じられるでしょ。




発芽している横で、ちょっと早めの雑木盆栽の植え替えをしました。
芽が少しずつ膨らんできていたので、鉢をひっくり返してみると、どれも白い根が活発に動き出していました。
去年、植え替えをしていないものは、びっしりと根が回っています。
それらをほぐしたり、寄せ植えに仕立てたり、切り取った根から新たな一鉢を作ってみたり。


植え替えた鉢は、霜に当たらないようにビニール温室の中へ。



小さな変化も見落とさないように、楽しい早春のガーデニングです。