読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

4月の花より

さぼってばかりいるうちに、4月も折り返しました。
季節の方は。。。。


桜は花吹雪となり、ヒヤシンスも終わりました。
今の庭より花たちを中心に。
イカリソウ

何でこんなふしぎな形をしているのかしらと思う、花の一つです。
林の下草として生えているので、半日陰がお好みです。



バイカカラマツ
花の直径は1.5cm程度。
日本に自生している主ではないのですが、外来の改良されている園芸種とはいえ、野草の趣でとてもはかなげです。


ムスカリ
ブドウのような花がまとまって咲く姿が好きです。



ニオイスミレ
スミレが好きなのですが、山野草と言われる日本のスミレは、なかなか扱いが難しくて、翌年に顔を出してくれることがありません。
あぜ道に咲いている、一般的なスミレやノジスミレ、白花スミレは鉢から鉢へと種をとばして、いつの間にか咲いていることがあります。
でも、計画的に増やそうとするとなかなかうまくいきません。

宿根タイプのニオイスミレは、半日陰に植えておくと手間いらずに増えていきます。
どこかの鉢に残っていたのか、家の北側でもピンク色のが増えていました。


手なずけられないから、かわいいスミレです。