読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

つるバラ誘引

先週とうって変わって、気温が上がりました。
このチャンスを逃さずに、ガーデニング再開です。



12月は意外と庭仕事の多い季節です。
空模様と気温と相談しながら、貴重な日差しでどんどん片付けます。


フェリシアの誘引後

オベリスクから高くはみ出してしまっていたフェリシア
とっても旺盛にシュートが伸びるので、ちょっと大きくなりすぎたかなと思っています。


冬につるバラを切ると、花が少なくなると読んだので、10月頃に一度、主枝を切り詰めました。
そこから、花芽になるはずの芽が動いて、枝を伸ばしました。
今回はその側枝の先をわずかに切る程度です。


フェリシアはとても主枝が太くて堅いので、誘引が大変です。
根本から伸びてくるシュートは、ピンチをして少しでも細い枝にしているのですが、なかなか。。。。

結局、今回は背丈を抑えきれないので、ドームのように誘引してみました。
支柱が立てられないので、隣接するヤマボウシの枝とひもで結んでみました。
こんないい加減でいいのかしら。。


花が咲いて、重さで下がってくると変わってくるのかなと思っています。




こちらはエヴリンの枝先。
すでに凍傷が出ています。
2月には、切ってしまう枝なのでそのままにしています。



ずいぶん開花に近づいてきました。

アンブリッジ・ローズ
全部で5つぐらいのつぼみが付いています。
目指せ!クリスマスローズ


こちらはサンテグジュペリ
うーーん!もう少しなんだけど。。
なかなか開いてくれません。