読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

寒中の庭で

雨上がりの庭は、気温が高めなこともあってそこはかとなく早春の気配を感じます。
まだまだ、寒中。
油断は禁物。
でも、日差しが長くなったせいでしょうか
春が遠くに見えてきた感じです。



f:id:kyon21:20130123132418j:plain

ミヤマオダマキの冬芽。
株元に縮こまりながら、暖かくなるのを待っています。

f:id:kyon21:20130123132615j:plain
クロッカスの新芽が伸びてきました。


f:id:kyon21:20130123132300j:plain
クロッカスより先に新芽を伸ばしていたスノードロップ
白いつぼみが見え始めています。


f:id:kyon21:20130123132109j:plain
クロタネソウの葉がいつのまにかふさふさと茂ってきました。


バラたちはどうなったでしょうか。

f:id:kyon21:20130123132009j:plain
アンブリッジ・ローズ
わずかずつですが、開いてきています。


f:id:kyon21:20130123132033j:plain
エーデルワイス
うすく色づいて、ふっくらとしています。
咲くかなぁ。



よく見ると、バラのつぼみにアブラムシが付いています。
こちらもがんばって冬越し中。
春になって、ヒラタアブやテントウムシを育ててくれるアブラムシたち。


全くいないというのは、それはそれで困ってしまいます。