読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

花びらの質感

すっかり冬の気配が遠のきました。
昨日の朝は、氷点下まで下がりましたが、地温が上がっているせいでしょうか
池が凍ることもなく、真冬の氷点下とはやっぱり違いました。



「小さな庭」でも早春の花が咲き競っています。


今日は花びらの質感を比べてみました。

f:id:kyon21:20130316143143j:plain
クロッカス


f:id:kyon21:20130316143152j:plain
一つの花は3mmほど。
アリッサム

f:id:kyon21:20130316143232j:plain
マーガレット
マットな白さです。


f:id:kyon21:20130316143311j:plain
ヒヤシンスの白は凛とした感じ。
ケーキの断面のような黄色も素敵。


f:id:kyon21:20130316143617j:plain
同じ黄色でも柔らかさのあるヒュウガミズキの花。


それぞれアップにしてみると思わぬ発見も。
f:id:kyon21:20130316151512j:plain
ホトケノザの花にはこんなフリンジがついているんですね。


f:id:kyon21:20130316144107j:plain
モウセンゴケも春を感じて動き始めました。
葉の先から先まで1cmほど。
ごく小さな葉の先に、すでに粘液をつけて活動しています。



今年は寒い冬でしたが、あっという間に気温が上がって季節が急に進んだ感じです。


無加温のビニールハウスで一緒に冬を乗り越えた
f:id:kyon21:20130316150401j:plain

ツチイナゴ。
イネの仲間をかじるので、そろそろ草原に逃がしに行かなくては。