読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

ピンクのバラ

憩いのバラ

白いバラたちに続いて、アプリコット色のバラを紹介しました。
さらに移り変わって、ピンクのバラたちの紹介です。


コンテ・ド・シャンボール
f:id:kyon21:20130517090005j:plain
花びらが詰まっている感じで、小ぶりの花をたくさんつけました。

f:id:kyon21:20130517090020j:plain

花持ちはあまりよくありません。
雨に濡れると、咲ききらないうちから汚くなって、散ってしまいます。
うちでは、軒下の雨に当たらないところが定位置です。


よく似た花をつけるジャック・カルティエ

f:id:kyon21:20130510085309j:plain

f:id:kyon21:20130512144035j:plain

f:id:kyon21:20130514174739j:plain

見比べると分かりますが、ジャック・カルティエは花首が短くて、葉っぱにちょこんと乗ったように咲きます。


二つともとげとげで、素手でさわるのはちょっと。。。
ですが、柔らかい葉っぱはおいしいのか、特にこの二株は木の上でナメクジを見つけます。


今年はこの二種類で、ポプリを作ってみましょうか。


一番の遅咲きでした。セント・セシリア
f:id:kyon21:20130521082758j:plain

f:id:kyon21:20130521082750j:plain
地植えにしたとたん、生育が鈍ってしまったセント・セシリア

この冬に鉢上げして、雨の当たらない特等席で養生しての開花です。

やっぱりきれいです。
色的にはアプリコット系ですが、透き通るような薄い花びらがアンブリッジ・ローズやエヴリンとも違って、会えてよかった と思える一鉢です。



どのバラも冬の石灰硫黄合剤をのぞけば、無農薬です。
いつまでも冷え込んだおかげで、チュウレンジバチなどのハチ類の動きが悪いです。
それでも、孵った幼虫たちをハナクモが端から食べてくれてます。

ちびカマキリたちも順調に過ごしている様子。

f:id:kyon21:20130517085920j:plain

細かい葉っぱの方が足場がいいのか、カモミールやラベンダー、ニゲラの上がお気に入りのようです。
きっと天敵を早く見つけるのにもいいのでしょうね。


最後にちょっと「小さな庭」の風景を。
f:id:kyon21:20130514074835j:plain
右手前からアンブリッジ・ローズ、エヴリン
奥のマーガレットの白い花の手前に、マリー・パヴィエ
左側にジャック・カルティエ

f:id:kyon21:20130514173836j:plain

右側からアプリコット・ネクター、白いジギタリスフェリシア

f:id:kyon21:20130512144150j:plain

フェリシア

f:id:kyon21:20130515173156j:plain

右側よりコンテ・ド・シャンボール、セント・セシリア
奥のアプリコット色がアンブリッジ・ローズです。

お庭を一周してしまいました。。。。

次回はバラの話は一区切り。