読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

遅咲きのバラたち

いつの間にやら、梅雨に突入です。


といっても、雨らしい雨は降らずにいます。
大気だけが重たく湿気ていますが。


バラの季節は過ぎてしまいましたが、残っていた写真より。

f:id:kyon21:20130525075357j:plain
グラハムトーマス。
気温のせいか花持ちはよくありませんでしたが、
初夏のグリーンに映える黄色でした。


サンテグジュペリ
f:id:kyon21:20130525075422j:plain
濃いピンクの花がひっそりと咲きました。
ひっそりといっても、大輪野バラなので存在感はばっちりですが。
存在感のあるバラは、庭に一つ、二つと咲くのが好みです。




先に咲き終わったバラからも花芽が伸び始めています。

f:id:kyon21:20130525075759j:plain

f:id:kyon21:20130525075902j:plain


春の一斉開花が終わると、こうしてじゅんぐりに新芽を伸ばして、次の花を咲かせます。
小さな庭のどこかでいつもバラが咲いている、そんな感じでしょうか。




今年はとても毛虫が多いように思います。
10cm近くに育った毛虫は、ちょっと。。。。
反対にヨトウムシはほとんど見かけませんでした。


チュウレンジの赤ちゃんたちは例年通りですが、
ホソオオビアシブトクチバは少ないですね。
アシナガバチが活躍しているのかもしれませんが、
虫たちの間にも「当たり年」みたいなのがあるんでしょうね。