読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

甘夏マーマレード

続いて、台所話題です。

たくさんの甘夏をいただいたので、頑張ってマーマレードを作りました。
この冬、3種類目のジャム類。
たくさんあった保存用の空き瓶が今回で底をついてしまいました。

甘夏の外側をたわしでよく洗います。
ノーワックス、無農薬ですが、ほこりっぽいので。

次に切れ目を入れて皮をむきます。

f:id:kyon21:20150204091200j:plain

ざっくり切ってしまうと後の作業が大変なので、こんな感じにむきます。

f:id:kyon21:20150204091309j:plain
皮は八等分くらいに切って、白いわたの部分をそぎ落とします。


f:id:kyon21:20150204150739j:plain
細切りにして、水にさらします。
さらに水の中でよくもんで、水が透明になるまで繰り返します。
これで苦みを調節します。


f:id:kyon21:20150204150735j:plain
実の方は、袋をむいて中身だけ出します。
手間はかかりますが、おいしく、仕上げるために頑張ります。

このときの全量に対して、グラニュー糖60%~70%を用意します。
二つを混ぜ合わせて、グラニュー糖を適量入れて、水分がたまるのを待ちます。
あまり水分が出ないようだったら、100ccくらいの水を入れて
弱火で煮ます。
何回かに分けて砂糖を入れた後、ゆっくりと煮詰めます。
皮が透明になってきたら、出来上がり。

味見をしたら、甘ったるい感じだったので、引き締めるためにレモンを2個搾って、果汁を加えたらいい感じにすっきりとしました。

以前に煮詰めすぎて、冷えたら固くなってしまったことがあったので、今回はゆるめに仕上げました。

f:id:kyon21:20150204180250j:plain
こんな感じで、色も甘夏の色のまま。
もっと煮詰めてもよかったかなと思います。
今回は冷めてもとろとろで、マーマレードと言うよりシロップに近いです。。。。


ヨーグルトはもちろん、鶏肉や豚肉を煮るのにも使います。

今回、甘夏の量で2.5kgを加工しました。
さすがにたくさんできましたが、まだまだ甘夏があるので、もう一回作ろうかな。


春になれば、大好きなイチゴジャムづくり。
それで一応、一年のジャム作りが終わります。

そろそろ小さな庭も動き始めます。
春も間近です。