読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

6月になったので

小さな庭の世界

6月になってからと思ってとっておきました。

f:id:kyon21:20150601134026j:plain
ヤマアジサイ
ガクアジサイが好きで、特に青紫のあじさいに心が引かれます。
このあじさい、花の直径が8cm弱と小ぶりです。
雨が降る前に、一輪挿しにと一枝切りました。


f:id:kyon21:20150531080931j:plain
ちょっと前にらせん状のはっぱを紹介したクガイソウです。
いよいよ開花。
15cm以上ある花穂が魅力です。

暑い季節になると寒色の白、青、紫系の花がいとおしくなります。
反対に冬は寂しげな庭に暖色系の花がちらちらと咲くのが楽しみです。ガーデンシクラメンなどは必ず濃ピンクと決めています。

ブルーベリーより先にこちらが収穫期です。

f:id:kyon21:20150601134054j:plain
ラズベリー

深紅に変わると食べ頃で、指先で軽く引っ張るだけでほろりっと実が採れます。
毎朝、5,6粒摘んでは、ヨーグルトにのせて食べています。
株分けして2鉢になったので、収穫量は少し増えました。
冷凍して、夏場のヨーグルトのお楽しみにしています。

インディアン・サマー”という品種は二季なりなので、秋にも収穫できます。
この季節は小さめの実は早めに摘果して、株を疲れさせないようにして秋にも頑張って実らせてもらいます。
もちろん収穫後の肥料もしっかりあげます。


小さな庭の隅にある小さな水瓶では、メダカの小さな小さな赤ちゃんが泳ぐ姿が見られるようになりました。
緑水といって、植物プランクトンがたっぷりの抹茶のような水を少し混ぜてあげたら、ぐんと大きくなりました。

今年はカマキリやテントウムシが少ないのですが、小さな庭ではいろんな生き物が元気にしています。