読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

わくわく、どきどきしてます。

日常生活の中で、わくわくすることってあまりないですが。

今、小さな庭の中では「小さなわくわく」がいっぱいです。

f:id:kyon21:20160410121223j:plain
ヒメウツギ
咲きかけてきました。

f:id:kyon21:20160410121328j:plain
フジ
今年はたくさんの房をつけて、開花まで秒読みになりました。
すっごく楽しみな一鉢。

f:id:kyon21:20160410121428j:plain
ブルーベリーも満開間近。
天気のよい日には蜂の羽音が響いています。

f:id:kyon21:20160410121602j:plain

f:id:kyon21:20160410121501j:plain

f:id:kyon21:20160410121608j:plain

今年初お目見えのバラにもつぼみが上がってきました。
今年はつぼみの上がり方がそろっているので、一斉に咲くんじゃないかと期待しています。
うーー、たのしみ!!


f:id:kyon21:20160410121951j:plain
今年の一番乗りはフェリシア
コガネムシの幼虫にやられてから、樹勢を落としていましたが、枯れ込んだ枝を切り、根を養生してきた結果、今年はバランスよく新芽が伸びて一斉開花の兆しです。


花が咲いたらもちろんわくわく、うっとりですが、それまでのこの時期。
日に日に盛り上がる緑の中で、つぼみがゆっくりと上がってくるのを見ていると、どきどきです。


一週間後くらいから、コデマリ、フジに始まって、バラシーズンへと花盛り期間になるかなと予想しています。

それに向けて、雑草取り、ナメクジ退治と奮闘中です。
f:id:kyon21:20160410121448j:plain
ナメクジの好きな梅の新芽がぼろぼろにかじられたり、ササユリやトキソウの芽も狙われています。
柔らかい新芽が食べられてしまうとあとの生育に大きなダメージなのでここはなんとしても譲れません。
チュウレンジバチもさっそく卵を産み付けているし、バラゾウムシにやられた新芽がしおれているのも見つけました。

花のシーズンは虫のシーズン。
全体に殺虫剤を振りかけるようなことはしたくないので、テデトールと少しの薬剤で根比べです。