読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

立派じゃなくていいんです。。。

小さな盆栽たちは、猛暑の中 夏眠しています。

春から伸びた新芽もの伸びも止まり、充実しています。


f:id:kyon21:20160725100421j:plain

f:id:kyon21:20160725100351j:plain

トウカエデ
ちっちゃな葉っぱに魅了されて、雑木のなかでも特に好きな樹種。
今はこの二鉢がお気に入り。

f:id:kyon21:20160725095405j:plain

f:id:kyon21:20160725095418j:plain

今春種から発芽した、ヤマモミジ。
100粒蒔いて、70粒くらい発芽。
今は数えてないですが60本ぐらいは育っているんじゃないかな。

f:id:kyon21:20160725100038j:plain
こちらは3年目の実生クロマツ
大きな鉢に植え替えずにこのまま育てると、あまり大きくならずにすむみたいです。
ちっちゃな松林みたいです。

f:id:kyon21:20160725100006j:plain
お気に入りの五葉松

松には共生菌という菌がいないと元気よく育ちません。
元気に育っている鉢にはびっしりと菌が育っているので、育ちのよくない松の根の下に
菌を移植してあげたりします。

普段は見えない土の中のやりとりが重要なんですね。

f:id:kyon21:20160725100620j:plain
2年目のヤマモミジ
根本を寄せて、数年すると一つの株みたいにつながってくるらしいので、
楽しみに育てています。


盆栽というほどではありません。
小さな雑木林を目指して、場所をとらないために小鉢で木を育てています。


「いいな」と自分が思えればそれでいいと思うことにしています。
専門家の育てている盆栽とはちょっと違います。
でも、癒されて、愛おしくて。
立派じゃなくていいんです。



この暑い時期を少しでも楽に乗り越えられるように。
日が落ちる頃に「霧水」をかけてあげます。
葉っぱや鉢が冷えるように。

暑さはまだ、しばらく続きます。