読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

片隅に咲いてます。

紹介しきれなかった写真から。

f:id:kyon21:20170509123417j:plain
小判草
これぐらいの頃がいいです。これから先はだんだん伸びて、茶色くなって虫のお腹みたいになっていきます。

f:id:kyon21:20170506054943j:plain
キキョウの新芽
ホタルブクロに占領されて、どこに行ったのやらと思っていたら出てきました。
花はまだまだ先です。

f:id:kyon21:20170507062155j:plain
白花シラン

f:id:kyon21:20170509124248j:plain
口紅シラン
このほんのりピンクが入っているところがお気に入りです。
ラン科の花、この形が好きなんだと思います。


今日は雨上がりでなかなかいい写真が撮れませんでした。
バラが満開を迎えて、チャンスなのですが風が強かったり、光が足りなかったり。
明日はいい写真が撮れるといいな。

今日はこの一冊

http://www.ehonnavi.net/img/cover/350/350_Ehon_209.jpg

とんことり 筒井頼子作 林 明子絵

わりとポピュラーな絵本です。
林さんの絵が好きという方も多いでしょう。
「はじめてのおつかい」もこのお二人のコンビで描かれています。
このお話の一番好きなのは最後のページ。
言葉がなくて、それでも全部伝わる。
他の作品もそういう傾向が強くて、このお二人の絵本に表されているものがぐっと伝わってくるように思います。

多すぎない言葉。

あふれている言葉では届かない、そんな世界です。