読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

秋バラ続編

グラハムトーマスの移ろい。


10日違いで、こんなに黄色みが変わりました。
気温が下がったせいでしょうか。
花びらの雰囲気も、咲き方も少しずつ変化しています。


アンブリッジ・ローズ

こちらも約二週間違いです。
花の色は光の加減で、ほぼ一緒です。
花びらの枚数が、暑い時期に比べると少し増えていますね。
いつも安定した花形、花色で咲く優秀なバラです。
うんとアップで、虫の気持ちになってみました。
とってもおいしそうに見えてしまうのは、バラの魅力のせいかしら。


夏に比べて、ぐっと花びらの数が増えて、色もピンクがかったフェリシア


春の一番花に近いか、さらに深い色をしています。

こちらは春の花。
春のほうがやや色が薄いでしょうか。

バラのそばに寄らなくても、ベランダまで香りが漂ってきます。

こちらはエヴリン

ぎっしりと詰まった花びらが、重厚で美しいです。
くしゅくしゅした感じが何ともかわいらしいくて、重すぎないです。


こちらは春の一番花。
微妙に色合い、花形が違います。
どちらがいいと言うことはありませんが、この春と秋の違いを楽しむ
といいますか、
「どんな花が咲くかな」と
楽しみに待つ間が、何ともいえません。


そうして、咲いてみると
「やっぱりあなたが一番!」と思ってしまうのです。


あっという間に咲ききってしまう春に比べると、秋はゆっくり咲き進んで、楽しみが長いのがうれしいですね。
一斉に開花する春とは違う幸福感です。


明日はバラ以外の花を紹介しますね。