読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな庭の物語

小さな庭のガーデニングを中心に更新していきます。

春の準備

日ざしはあっても、寒いです。。。。


小さな庭の片隅では、春の準備が着々と進んでいます。


スノードロップ

f:id:kyon21:20130209105016j:plain
スノードロップが好きで、庭のあちこちに植えてあります。
やっとあちこちで白いつぼみをのぞかせながら、地面の上に顔を出して咲き始めました。
透き通るような白が、冬の名残のようです。





ウメ

f:id:kyon21:20130209105333j:plain
つぼみが大きく膨らんで、あと数日暖かい日があれば、咲いてしまいそうです。
その暖かい日がいつなのか、わからないんですけど。


昨年しっかり肥料をあげたので、花芽がたくさん付いています。
挿し木苗なのですが、花のあとにぐんぐん枝を伸ばしてくれないので、なかなか大きくなりません。





f:id:kyon21:20130209105144j:plain
お正月から咲き始めたスイセンは、庭のあちこちで満開を迎えています。




f:id:kyon21:20130209105441j:plain
こちらはアサギリソウの新芽。
まだまだ小さいと思っていると、ゆっくりと大きくなってきていて日ざしの当たるところに出してみました。



春に新芽が動き始めるのは、気温の変化なのか日が長くなったからなのかと考えてしまいます。
ちょっと暖かい日が何日かあったりすると、スイッチが入るのかもしれません。
でも、植物の体内時計は、人間のそれよりずっと精巧にできていそうに思えます。


自分にはない力を持っている気がして、小さな新芽たちを尊敬してしまいます。